クレジットカード不正使用に会いました。 ♯37

本当はエミレーツの続きを書くつもりだったのですが。

今回はクレジットカード不正使用に会いましたので、報告させていただきます。

今回不正使用されたのは、2016年のSFC修行でのおかげで2017年に取得できたANAスーパーフライヤーズ ゴールドカードです。

これは1%以上の還元を「ANAマイル」にできる優れものカードなのでほぼメインカードとして使用していました。

ある日突然、携帯SMSにこんなメールが来ました。

三井住友カードです。カードのご利用確認の為、メッセージを送信致しました。
恐れ入りますが、06-6までご連絡をお願い致します。
なおご連絡頂いた際は、すぐに折り返しご連絡致します。
三井住友カード セキュリティセンター(年中無休9:00~18:00)

すぐ電話したのですが、予想通り繋がらない。
時間が無かったので、またかけ直そうと思い、ちょっとバタバタしてて
翌週まで引っ張ってしまいました。

異変に気づいたのは、翌週に飲食代をクレジットカードで支払った時でした。
この時ですね(笑)

「お客さん、このカード通らないですよ。」「え?そんなはずは」
そういえばセキュリティセンターに電話するの忘れてたのを思い出し、
翌日電話しました。今度は繋がるまで10分くらい待ちました(笑)

中の人「お電話ありがとうございます。実はこのカードで不正使用の疑いがありまして現在停止させてもらっております。」

なるほどこれか!不謹慎にも不正使用キターと思いました(笑)

というのも先輩たちのブログなどで、不正使用に対するクレジットカード会社の
補償体制に関して何となくの知識があり、そんなに不安は無かったのです。

そして下記のような電話応答がありました。

中の人「小額ですがこの日とこの日のitunesの決済がありますが、お心当たりは有りますか?」

「有りません。APPLE製品使ってません」

中の人「ではここから不正利用ですかね。このあと、2・3日で立続けに東南アジアのシャネルで 8万円相当などの高額のお買い物がされているようですが、こちらもお心当たりは無いですか?」

「ありません。心当たりがあるのは、航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)でカード使用したのが流出したのかもしれません。

中の人「なるほど、そうかもしれませんね」

中の人「今後ですが、カードは再発行させていただくことになります」

「なるほど、仕方ないですね。番号もすべて変わりますか?」

中の人「クレカ番号、ANA番号すべて変更になります。それから
定期的な引き落としも番号が変わりますので、お客様のほうで再設定をお願いします」

なるほど当然の対応ですね。
そこで真っ先に気になったのが、ANA番号に紐づいた特典航空券です。
頑張って取った特典が勝手にキャンセルとかなったら・・・・(汗)

そしてSFCデスクに電話しました。

中の人「番号が変わっても、マイル数やweb会員情報などは全て引き継がれます。  そのまま予約も引き継がれるはずですが、こちらは国際線デスクに引き継ぎます」

中の人2「お客様の予約はそのまま引き継がれますが、便の時刻が変わっている分などを再度確認します・・・問題ありませんでしたので、そのまま設定させていただきます。」

結果、全て問題はクリアできました。良かった~。

そして再発行カードの送付ですが、これも迅速でした。
電話したのが水曜午後で、翌日の木曜発送で、金曜着でした。
すばらしく早い対応でした。

今回の教訓、まとめさせて頂きます。

①クレジットカード使用額はカード会社が監視しているため、不当に大きな金額や不自然な場所で使用されたら決済停止となる事がある。

→定期的に金額・件名を確認することで、被害を防げます。
 今回は僕が見つけるよりカード会社が早かったです(笑)

②ANAカードの場合、再発行だと番号は変わるが全ての情報が引き継がれる。

→念のため、ANAデスクに電話して確認したほうが無難です。

③ANAお客様番号が変わっても、紐づいている予約は引き継がれる。

→こちらも念のため、ANAデスクに電話して確認したほうが無難です。

こういう事にならないよう、カード管理は気をつけたほうが良いと思いますが
決済に使用した情報が流出するのはユーザーからは止められません。
定期的な注意しかないと思っています。